リウマチ

関節リウマチは、手や足をはじめ、全身の関節に、痛みや腫れが起きる、慢性の病気です。関節の中でも、滑膜という、関節の動きを滑らかにするための膜に炎症が起こります。 進行すると、関節が壊れて、変形したり、関節が動きづらくなってしまいます。 関節リウマチの頻度は、100人に1人で、日本には約70万人の患者さんがいると言われています。特に30−50歳の女性に多くみられます。 

リウマチの根本的原因は、まだ完全に解明はされていませんが、遺伝的因子に加えて、タバコや、水銀汚染などの環境因子や、歯周病や、神経を抜いた歯の感染が影響している場合もあります。腸内環境が、免疫に大きく作用することも分かってきました。さらに栄養状態が悪いと、症状の改善が上手く進まないこともあります。

高輪クリニックでの検査と治療

リウマチの根本的原因が腸内環境、口腔内環境に認められることがあり、分野横断的に全身の検査を行います。

基本検査と治療