線維筋痛症とは?

線維筋痛症の検査・治療を希望している方の為にこのページを記載しています。当クリニックは東京都を拠点としたクリニックですが、関東以外の方もオンライン診療が可能ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。

線維筋痛症とは、全身に激しい痛みが生じる病気です。原因不明の全身の疼痛を主症状とします。疼痛は腱付着部炎や筋肉、関節などにおよび、体幹や四肢から身体全体に激しい疼痛が広がります。

患者は男性より女性の方が非常に多く、働き盛りの中高年に発生率が高くあります。米国での有病率は20歳以上成人のおよそ2%ほど。軽症例も合わせれば推定200万人と言われ、比較的患者人口の大きなリウマチ性疾患であるにもかかわらず、日本の医療機関での認識が遅れている疾患です。

線維筋痛症の主な症状

全身の慢性疼痛と解剖学的に明確な部位の圧痛。骨格筋の激しい痛みが、線維筋痛症の主な症状です。

「ストレスが続いたあと、全身に原因不明の疼痛がある」「体が痛くて眠れない」「病院で検査しても異常が見つからないのに全身に激しい痛みが長期間続いている」「痛みが続いてうつ状態になった」「全身がこわばって、疲労感が抜けない」

といった症状に悩まされていませんか?線維筋痛症かもしれません。

随伴症状

・身体症状
38℃以下の微熱、疲労感、倦怠感、手指のこわばり、手指の腫脹、関節痛、レイノー現象、寝汗、過敏性腸症候群、動悸、乾燥症状、呼吸困難、嚥下障害、間質性膀胱炎様症状、生理不順、月経困難症、体重変動、光線過敏症、寒暖不耐症、顎関節症、低血圧、各種アレルギー症状、僧帽弁逸脱症、かゆみなど

・神経症状
四肢のしびれ、手指のふるえ、めまい、耳鳴り、難聴、視力障害
・精神症状
抑うつ症状、不安感、焦燥感、睡眠障害(過眠、不眠)、集中力低下、注意力低下、健忘、起床時の不快感

線維筋痛症の原因

原因は不明であり、医師が通常行なう血液検査では異常が現れず、CTスキャン、MRIを検査しても異常を発見できません。診断が非常に困難な症例が多い傾向にあり、金属アレルギーとの相関が報告されています。 

明確な原因は究明されていないものの、近年の研究で線維筋痛症は脳が痛みのサインを受け取る機能に問題があると考えられています。

その機能障害によって痛みの感覚を強めるアクセル系信号が働きすぎると、通常では痛みを感じないような弱い刺激でも過剰な痛みを感じてしまうのです。

また、痛みを感じる部分には異変がないため、一般的な検査では線維筋痛症と診断しづらいのも現状です。発症の原因として、ストレスとの深い関係がわかっており、精神的なストレスはもちろん身体的ストレスなどが積み重なったところになにか大きな引き金となる出来事があったのではないかと推測されます。

高輪クリニックでの検査と治療

線維筋痛症は免疫異常と自律神経のアンバランスも原因の一つと考えられます。免疫細胞はその多くが腸にあるため、腸内環境の状態や細菌叢のバランスアップは不可欠です。

線維筋痛症は原因が分かりづらく、完治も難しいため痛みの辛い時間が長く続き、精神的にもダメージを受けやすい病気です。また、一般の病院では薬物療法による対症療法が主となるため、根本的治療にはなかなか結びつかないのが現状です。

当クリニックではゲノム・フローラ等の検査によりオミックス医療で口内はもちろん全身、腸内などをチェックした上で原因と治療法を見極めて参ります。

当クリニックでは線維筋痛症に対し、最新の「腸内フローラ治療」を行なっております。腸内フローラ治療とは腸内フローラの細菌種をくまなく調べて、菌体のバランスをとる治療法です。

腸内フローラ検査によってどのような腸内細菌叢、すなわちどんな菌がどのようなバランスで生息しているかを検査し、内服あるいは移植による乳酸菌マッチングさせます。

当院では血液と菌体をあらかじめ相性のよい菌体をラボで調べ、そのマッチングにより適合した清潔な菌体を内服していただく方法を採用しております。

また、歯科治療による歯科金属などが原因で痛みを引き起こしているケースも多いため、検査の上、必要に応じて歯科金属の取り出しも行います。

基本検査と治療

線維筋痛症の診断方法

線維筋痛症は何かで診てもらうかわかりづらい病気ですが、中心となるのはリウマチ科(膠原病科)です。症状によって心療内科や精神科などとの連携による治療が進められることもあります。

線維筋痛症の診断方法として、アメリカリウマチ学会の分類基準が用いられています。全身にある18箇所の圧痛点を4kgの力で押し、11箇所以上に痛みを感じ、さらに身体の広範囲に渡る痛み(疼痛)が3ヶ月以上続いていることが診断基準となります。

また、機能性MRIやPETなどを用いた研究で、脳内の血流の増減などとの関係が判ってきました。

線維筋痛症に処方される漢方

img3

線維筋痛症にはツムラなどの漢方が処方されることも多く、症状に合う場合には一定の効果が望めます。

  • 桂枝加朮附湯(けいしかじゅつふとう)…冷えると関節痛や神経痛を感じる人。ツムラ25番
  • 補中益気湯(ほちゅうえっきとう)…免疫力が弱っている人
  • 加味逍遙散(かみしょうようさん)…肩こりがひどく疲労感を感じやすい更年期の女性
  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)…筋肉がつりやすい人
  • 抑肝散(よくかんさん)…ストレスを感じやすく、興奮しやすい人、眠れない人