再生医療

再生医療とは日本再生医療学会によれば、再生医療とは「機能障害や機能不全に陥った生体組織・臓器に対して、細胞を積極的に利用して、その機能の再生をはかるもの」とされています。一言で言うと、「細胞」を使った新たな医療ということができるでしょう。

私たちの身体は、実に200種類以上の細胞で構成されていますが、再生医療に用いる細胞として特に期待が高いのは、”幹細胞”と呼ばれる特殊な細胞です。

幹細胞治療について

我々の体は約50兆個の細胞で構成されていますが、細胞は日々入れ替わりが起き、怪我や病気、老化などによっても損なわれていきます。この損なわれた細胞の修復を担うのが「幹細胞」であり、自身の幹細胞を培養・増殖し体内へ戻すことで、アンチエイジングや組織の再生、各種疾患に使用するのが幹細胞治療といわれるものです。一方、最新の研究では、幹細胞を培養する時に分泌される何百種類もの成長因子やサイトカインなどの生理活性物質が、体内にある再生能力の高い細胞にはたらきかけることで組織の再生を促し、幹細胞移植と同等の役割を担うことが分かってきました。そして、この培養液を治療に応用したものが幹細胞培養上清液治療です。
細胞を直接入れる以前の幹細胞治療に比べて、がん化の恐れがないというのも一つの特徴です。

特に歯肉、骨髄、歯髄、脂肪、臍帯など間葉系細胞に分類される幹細胞を利用して作られた培養上清液には抗炎症作用、抗酸化作用、創傷治癒作用、免疫調整作用、組織修復作用がありアンチエイジングから各種疾患の進行を防ぐ目的で幅広く応用できる事が分かっています。

培養上清液に期待される効果

  • アンチエイジング効果・・・シワ・シミ・ニキビ痕などを改善させる美肌効果
  • 発毛、男性機能の回復など組織再生
  • 抗炎症作用・・・アトピー、リウマチ、乾癬など慢性的な炎症性疾患の改善
  • 抗アレルギー作用
  • 自己免疫疾患の改善・・・リウマチ、シェーグレン症候群、潰瘍性大腸炎 etc
  • 抗がん作用

実際の治療方法

  • 問診 全身状態の検査
  • 歯肉を原料にする場合は麻酔下で歯肉を米粒程度採取)
  • 培養上清液の提供  点滴、塗布、点鼻にて
  • 約1ヶ月間隔で来院にて経過フォローと施術

副作用:稀に気分不快。また肌の一時的な赤み、皮剥け。

歯肉幹細胞培養上清

高輪クリニックグループが独自のプロトコールで精製した歯肉幹細胞培養上清液です。歯肉を培養する際、作り出される培養上清液*1には幹細胞から分泌される数百種類以上のサイトカイン*2や成長因子*3、ケモカイン*4、エクソソーム*5など多くの生理活性物質が含まれており、幹細胞移植と同様の効果を得られることが大学を始めとする各所の研究からわかってきております。幹細胞培養上清液はもともとヒトの体にある歯髄、骨髄、脂肪、臍帯などの幹細胞を利用して作られますが、細胞の種類により含まれる成分は異なります。とりわけ、歯肉の培養上清液には多くのたんぱく質が含まれることが報告されています。

 

 

*1 培養上清液とは、細胞を培養する際生成される上澄み液。
*2 サイトカイン(cytokine)とは、免疫システムの細胞から分泌されるタンパク質で、標的細胞は特定されな
い情報伝達をするもの。
*3 成長因子(Growthfactor)とは、体内において、特定の細胞の増殖や分化を促進する内因性のタンパク質
の総称。
*4 ケモカイン(Chemokine)は、Gタンパク質共役受容体を介してその作用を発現する塩基性タンパク質であ
り、サイトカインの一群。
*5 Exosome(エクソソーム・エキソソーム)は、ほとんどの細胞で分泌される直径50nm~150nm程度の膜小
胞。私たちの調製している培養上清は、ご自身の歯肉を使用して、9種類のウイルスチェックやエンドトキシンや細菌培養、マイコプラズマ感染を全てのロットで行っており、安全には万全を期しております。
また、上清中の3種類のサイトカインとエクソソーム量をロット毎に測定しており、効果の面でも問題があるものは使用しておりません。
細胞は、primarycell(一次細胞)を使用しております。

 

歯肉幹細胞再生医療のメリット

  • ほかの間葉系幹細胞(脂肪由来、骨髄由来、歯髄由来)よりも増殖が速く形態が安定してい る。癌化しにくい。様々な点で優れている
  • 骨分化能にたけているので、骨粗鬆症の予防に効果が期待できる
  • 脂肪分化能力も高く、女性の豊胸に期待ができる
  • 歯周組織の再生能力が最も高く、インプラント治療時、歯周外科治療にも併用することで相 乗効果を生み出す可能性がある
  • 皮膚の再生能力が非常に高い。皮膚のアンチエイジングに期待ができる
  • 坐骨神経、顔面神経の神経損傷後の回復に効果が認められているので、神経由来のトラブ ルの改善に効果が期待できる。手術後の神経損傷創傷治癒に効果が期待できる
  • 骨折後のリハビリ効果が期待できる
  • 口内炎の回復に期待ができる
  • 炎症性の疾患全般、過敏性大腸炎、クローン病、潰瘍性大腸炎、頭痛、生理痛、花粉症、ア トピー性皮膚炎等に効果が期待できる
  • 関節炎および関節の変形の治療に効果が期待できる。つまりリウマチに効果が期待できる
  • 1型糖尿病に効果が期待できる
  • 神経損傷全般に効果があるので、記憶力、集中力の回復に期待ができる。認知症予防、治 療効果が期待できる
  • 免疫バランス効果があるので、アレルギー、自己免疫疾患、膠原病全般に効果が期待でき る
  • アテローム改善効果があり、脳梗塞後、心筋梗塞後のリハビリに有効の可能性がある
  • 高脂血症、動脈硬化、高血圧の治療、予防効果が期待できる