乾癬

典型的には、赤い発疹とその上に白色の鱗屑(りんせつ。皮膚上皮の角質細胞が剥がれ落ちたもの)を伴う発疹が出現します。病変部は周りの皮膚より少し盛り上がった状態へ移行し、大きな紅色局面(きょくめん:発疹によって一様な広がりをもった病変)を形成します。頭皮、膝、肘など外部からの刺激が強い部分に出来やすいのですが、眼球と口唇以外ならば全身どこにでも発疹が出現する疾患です。

乾癬の症状

関節症性乾癬(乾癬性関節炎)

関節炎を発症するのは乾癬の患者の 1-20%程度とされ、近年増加傾向です。尋常性乾癬の諸症状に加え、全身の関節に炎症、強ばり、変形などが起こり、痛みます。指の第一関節に起きる点が関節リウマチとの相違点であります。関節症状と皮疹症状は必ずしも連動しません。代表的な部位は膝関節、指関節、手首、足首などです。

膿疱性乾癬

急激な発熱を伴い全身の皮膚が潮紅し無菌性膿疱が多発する稀な疾患で、皮膚症状は掌蹠膿疱症と似ているため、掌蹠膿疱症との鑑別診断が必要です。

滴状乾癬

皮疹は乾癬に類似しますが、その一つ一つが小さいです。扁桃炎などの前駆症状後に発症することが多く、尋常性乾癬に比べ若年者の発症頻度が高い疾患です。

高輪クリニックでの検査

乾癬の根本的原因が腸内環境、口腔内環境に認められることがあり、分野横断的に全身の検査を行います。

基本検査と治療