簡易各種疾患リスク検査

骨粗しょう症リスク検査(尿)

尿検査で骨粗しょう症のマーカーとなるDPD(デオキシピリジノリン)の濃度を調べます。骨折の予防はもちろんのこと、歯科で行われるインプラントのリスクを前もって評価することが可能です。

概要

検査内容尿中DPDを調べる
検査の流れ●尿検査↓
●2週間~3週間後、結果をもとにカウンセリング

結果サンプル

がんリスク検査(尿)、(毛髪)

①口腔がんのリスクを判定するためのSNIPs(一塩基多発型)検査

②尿中ジアセチルスペルミン量の測定
ジアセチルスペルミンの尿中排泄量とがんの相関性が高く、既存の腫瘍マーカーに比べて早期がんのマーカーとして有用と されています。一般的ながんマーカーは臓器特異性があるのに対して、ジアセチルスペルミンは臓器特異性がないた め汎用性が高いことでも注目されています。尿検査なので侵襲がないことがメリットです。

この検査でがんリスクを知り、発症を回避するような生活習慣の改善を行うことが可能です。