インプラント治療適否検査

尿検査で骨粗鬆症リスクをチェックします。骨吸収マーカー尿中DPD(デオキシピリジノリン)を調べる検査です この検査によりインプラント埋入後にインプラントがロストする可能性をインプラント埋入前にあらかじめ予測することが可能です。

概要

検査内容尿中DPDを調べる
検査の流れ●尿検査↓
●2週間~3週間後、結果をもとにカウンセリング

結果サンプル