口腔内フローラ検査

口腔内フローラ検査

口腔内フローラのアンバランス=ディスバイオーシスから生じる各種疾患リスク検査です。

虫歯、歯周病、肥満、糖尿病、るい痩、アレルギー、潰瘍性大腸炎、過敏性腸症候群、クローン病、アトピー性皮膚炎、掌蹠膿疱症、乾癬、リウマチ、ベー チェット病、シェーグレン症候群、大腸がん、口腔がん、食道がん、胃がん、 すい臓がん、咽頭がん、自閉症、うつ病のリスク判定ができます。

口腔内フローラのPCR検査

腸や口腔内には数百〜数千種類を超える細菌が存在しており、私たちの免疫系や生体機能に大きな影響を与え、健康維持にも重要な役割を果たしています。口腔内フローラ検査ではわずかな唾液を採取し、8種の菌数を測定することで口腔関連疾患・全身疾患のリスクを調べることが可能です。

口腔内フローラの次世代シークエンサー(NGS)検査

口腔内の全バクテリアの網羅解析を行い、口腔内環境と全身疾患リスクを評価します。 結果をもとに健康づくりにつながるカウンセリングを実施。患者様にあった治療方針を決め口腔内メンテナンス頻度の基準づくりにも利用します。

結果サンプル

次世代シークエンサー(NGS)