腸内フローラ検査

腸内フローラのアンバランス=ディスバイオシスから生じる各種疾患リスク検査です。

肥満、るい痩、アトピー、アレルギー、湿疹、潰瘍性大腸炎、過敏性腸症候群、リウマチ、不妊、自閉症、不安感のでやすさ、ストレス耐性などのリスク判定が可能です。次世代シークエンサーを自前で動かしているため通常2か月かかる検査を約3週間でこなす事が可能です。また精度が高くかつデータベースは自院患者2万人から構築しており豊富な情報をこの検査から獲得できます。

結果サンプル

次世代シークエンサー(NGS)