腸内フローラ検査とは?

腸内フローラのアンバランス=ディスバイオシスから生じる各種疾患リスク検査です。

肥満、るい痩、アトピー、アレルギー、湿疹、潰瘍性大腸炎、過敏性腸症候群、リウマチ、不妊、自閉症、不安感のでやすさ、ストレス耐性などのリスク判定が可能です。次世代シークエンサーを自前で動かしているため通常2か月かかる検査を約3週間でこなす事が可能です。また精度が高くかつデータベースは自院患者2万人から構築しており豊富な情報をこの検査から獲得できます。

こんなお悩みを抱えていませんか?

  • お腹が常に張っている
  • 慢性的な便秘や下痢に悩まされている
  • ストレスが溜まっている
  • 皆と同じ食事でも太りやすい、痩せやすい
  • お肌の荒れが気になる

その原因は腸内環境のバランスが崩れているのかもしれません

人の腸内には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌がいると言われていましたが、現在はバランス調整菌とバランス攪乱菌という二種類の分類になっています。腸内フローラのバランスが悪いとさまざまな病気の原因になるだけでなく、心にまでマイナスに働きます

また腸内フローラのアンバランスは、腸内で脂肪酸(酢酸、酪酸、プロピオン酸)が上手く作られない状態をひきおこし、肥満、るい痩、アレルギー、自己免疫疾患、膠原病にもなりやすくなります。

つまり、腸内環境を整えることで健康状態を良くするだけでなく、さまざまな疾患の予防になります。

高輪クリニックで腸内フローラ検査を受ける3つのメリット

1.自前のラボで検査

毎年の保健所での精度管理監査をクリアしています。自前で精度が高く結果に信憑性があります。

2.総検体処理数が4万件以上

豊富な件数のデータ処理をしてデータベースを構築しました。そのおかげで検査結果からさまざまな病気のリスクがわかります。

3.日本に3台しかない機器を用いて、最適なオーダーメードの乳酸菌を処方

日本に3台しかない、高感度エライザという機器を用いています。あなたの体質を一気に改善するオーダーメード乳酸菌を厳選します。ひいてはさまざまな症状の改善につながるのです。

検査結果は分かり易いレポートで提出

次世代シークエンサー(NGS)

様々な疾患のリスクを判定!太る・痩せる体質にも関係?

高輪クリニックの「腸内フローラ検査」では、腸内の細かい情報を分かりやすく数値と表にまとめ、アトピー・アレルギー・湿疹・潰瘍性大腸炎・過敏性腸症候群・リウマチ・不妊・自閉症・不安感のでやすさ・ストレス耐性など各種疾患のリスク判定や、肥満・るい痩の体質も判定が可能です。

腸内フローラ検査の流れ

1.無料電話相談「どんなことでもご相談ください」

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
腸内フローラに関する疑問点など細かくお聞きします。

ご説明が終わりましたら「腸内フローラ検査キット」を郵送もしくは手渡しにてお渡しいたします。
※来院せずとも電話と郵送で検査が可能です。

2.「腸内フローラ検査キット」で採便をしてポスト投函

検査キットが到着しましたら、説明書をチェックしてトイレで採便をしてください。

検査キットは使用するまでは冷蔵庫に保管(使用期限3ヶ月)いただき、採便後は3日以内にポストへ投函してください。

3.遺伝子解析〜レポート完成

郵送いただいた便サンプルを次世代シークエンサーで解析します。検査キット到着から解析完了まで、約1ヶ月かかります。

解析が完了したらレポートを作成いたします。レポートは郵送もしくは手渡しにてお渡しいたします。

4.ご希望の方には「オーダーメード乳酸菌(サプリ)」を処方

ご希望の方には、あなたのためだけに厳選したオーダーメード乳酸菌を処方いたします。

処方後はフローラを考えられた食事指導や生活指導をおこないます。医師とともに腸内環境の改善を目指しましょう

検査にかかる費用について

  • 腸内フローラ検査 1万5千円
  • オーダーメード乳酸菌処方の場合 3万円/1ヶ月
    ※乳酸菌は6ヶ月内服が目安です。
    ※乳酸菌服用でまれに便秘・下痢・皮膚症状がでる場合があります。

腸内フローラを改善すると?

腸内フローラのバランスを良くすると、以下の事が期待できます。

  • おなかの不調・痛みからの解放
  • トイレの回数が減り時間を効率的に使える
  • うつ病から解放され、学校・職場に普通に通える
  • 自分自身に対しての自信がつき、社交的になれる
  • 無理な断食や過度の運動をすることもなく効率的に痩せる
  • 質の良い脂の消化吸収力があがり胸が大きくなる可能性がある
  • 消化吸収力があがりビタミン・ミネラルの取り込み
  • 率が上がり、健康増進につながる
  • 免疫力が上がり、ウイルス感染症に感染しにくくなる

腸内環境は身体のさまざまな部位と関連があり、このように腸内フローラを整えることで全身の健康につながると考えられています。