口内フローラ短期改善プログラム

口の中の病気は万病の元!

口の中の病気の多くは細菌による感染症です。そして、身体にとって有害な細菌は歯ぐきの毛細血管から全身へと運ばれて様々な病気の引き金になる事がわかってきました。

そのため、細菌のコントールがとても重要な事は何年も前から言われてきました。多くの歯科医師、衛生士は一生懸命に口の中の菌を除菌しました。ただ、除菌には2つの問題がありました。

1つ目、過度な除菌身体を守ってくれる善玉菌まで減らしてしまう事。これによりまた別のトラブルを起こし兼ねないです。

2つ目、善玉菌・悪玉菌のバランスを変えているわけではないので悪玉菌優位で病気が起きている場合、時間と共に元の状態に戻ろうとしてしまう事。つまり、ずーっと除菌を続けなければいけないという苦労です。

除菌だけの時代 → 菌のバランスをコントールする時代へ

これらの問題を解決するために生まれたのが “口内フローラ改善プログラム” です。

プログラムでは、まず短期集中で口の中の菌の除菌を図ります。それにより新たな菌を定着させるスペースを作ります。そして、口の中の菌のバランスを整えてくれる善玉菌をジェルやタブレットなどの形で定着を図ります。抗生物質を使わないため、副作用がなく、善玉菌を定着させることにより長期にわたって良い環境を維持しやすいというのが本プログラムの特徴です。

最初の状態によって、施術回数などは個人よって異なりますが、虫歯・歯周病を根本から予防したいと思う方、全身疾患の原因に口の中の菌が関与している可能性がある方にはオススメのプログラムなので、ぜひ一度まずはご自身の口の中の菌のバランスを調べてみましょう。(口の中菌のバランス検査は初診時にご案内しております)