医道五十三次クリニック

新型コロナウイルスの感染リスク遺伝子検査、予防・治療漢方薬の処方クリニック

メッセージ

医道五十三次クリニックでは、先端医療を駆使して、新型コロナウイルスの感染リスク遺伝子検査、さらに腸内フローラ検査と新型コロナウイルス抗体検査などを実施し、個々人の感染および重症化の感受性をチェックします。そしてそれぞれの方に最適なオーダーメードの予防法をお伝えしています。すでに医療は確実にオーダーメードの時代にはいりました。新型コロナウイルス感染予防のためにも個々人に最適な方法を選択することが重要です。

理念

人の体には、多数の微生物が定着しています。その数はなんと細胞の 約16 倍の1000兆個にもなると言われています。
健康づくりの肝は、これらの微生物を私たちの味方につけることです。 医療法人社団癒合会では、時代に先駆け次世代シークエンサーという機器を導入し、さまざまな微生物の網羅解析や遺伝子検査を積み重ねてきました。そしてすでに腸内フローラ検査約2万人、遺伝子検査 約14万人の実績からデータベースを構築しています。豊富なデータと科学的根拠をもとに、癒合会では長年、難病治療にあたってきました。そして新しくこの度医道五十三次クリニックを立ち上げ新型コロナウイルス感染対策を開始いたしました。癒合会で作り上げた微生物医療と漢方治療で、新型コロナウイルスという新参微生物に対応するものです。キーワードは安全安心そして自然。新型コロナウイルス対策の奥義は叩きのめすという感覚ではなく共生です。自らの常在微生物を整え、漢方薬で新型コロナウイルス対策は十分にとれると信じています。

検査新型コロナウイルスPCR検査(17種検査)、新型コロナウイルス抗体検査、腸内フローラ検査、感染リスク環境因子検査、ウイルス感染リスク遺伝子検査、重症化リスク検査、オーダーメード処方薬選定検査
治療薬物を用いず血液と漢方薬のラボ上でのマッチング検査の結果厳選されたマッチング漢方薬とオーダーメード乳酸菌処方
検査・治療実績新型コロナ抗体検査 1058名
コロナ対策漢方処方 802名
腸内フローラ検査 約2万名
遺伝子検査 約14万名
豊富なデータと科学的根拠を元に新型コロナウイルス感染症対策を実施しています。

主任医師・漢方処方
陰山康成

岐阜大学医学部大学院卒業
医師、医学博士 救命救急、整形外科での臨床経験を積んだ後、高輪クリニック開業
東海大学医学部客員准教授、上海中医薬大学客員教授、品川メディカルモールセンター長、国際和合医療学会常任理事

主任医師・消化器
長岡美紀

医道五十三次クリニック院長
消化器/日本外科学会 認定医
東京女子医大卒業
東京女子医大消化器病センター外科 入局
洞爺協会病院消化器内科にて勤務
秋本病院緩和ケアセンターにて勤務

医療社団法人 癒合会 医道五十三次クリニック

〒140-0001 東京都品川区北品川1-22-17 ニックハイム北品川109
TEL : 03-6433-3165
受付時間 : 年中無休
【午前】10:00~13:30【午後】14:30~18:00