※フォームに必要事項と、「初回カウンセリング希望」と入力の上、お送りください。
お問合せもお気軽にお寄せください。

潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜に炎症が起こる病気で、免疫細胞が暴走し自分の腸の細胞を攻撃してしまう自己免疫疾患です。 攻撃を受けた腸がただれると激しい下痢や血便が起こり、さらに粘膜に潰瘍ができると強い腹痛や発熱も起こります。
発症年齢は20代がピークで男女差はありません。
症状は特に下痢、軟便、血便、腹痛などがあり、潰瘍性大腸炎の多くは、寛解(症状が落ち着いている状態)と再燃(症状が悪化している状態)を繰り返し 日常生活にも影響がでて困っている方も多いことと思います。
現在、潰瘍性大腸炎の一般的な治療としては、薬物(5-ASA製剤、ステロイド)を飲んだり坐薬を使ったりして再燃時の炎症を抑え、 下痢、腹痛などの症状を緩和するものですが、いずれも一時的に症状を抑えるもので、根本的な治療ではありません。
自己免疫疾患の引き金は人それぞれ異なり、複数の原因が影響しています。 症状改善を目指すためには、まず原因へのアプローチ方法を知るために検査をし、 検査結果から自分にどんな治療が必要なのかを知ることが大切です。
自分に合った治療をすることで、長年悩まされていた症状の改善を目指すことができるのです。 まずは検査をしてご自身の免疫バランスが崩れている原因を調べ、自分にぴったりの方法で治療を始めてください。


どうか、少しでもおかしいと思ったら医師の診察を受けてください。

※フォームに必要事項と、「初回カウンセリング希望」と入力の上、お送りください。
お問合せもお気軽にお寄せください。

腸内フローラ検査なら、あなたの腸内にいる
菌が詳細にわかります。

数年前まで、腸内フローラの検査は数千万円以上もの莫大な費用がかかり、とても現場で使えるものではありませんでした。しかしその検査が数万円でできるようになり、臨床の現場で使えるようになったことでより多くの患者様のお悩みを解消することができるようになりました。

当院の腸内フローラ検査では、あなたの腸内にどんな菌がどれくらいいるのか、それがあなたの体調、腸の症状にどんな影響を及ぼしているのかなど、詳細にわかります。1人ひとりにピンポイントなアドバイスや治療を提案することができるのです。

あなたに必要な菌だけを選んで
内服または移植をすることができます。

腸内フローラを改善するためには、その人にあった乳酸菌を知ることが大切です。
乳酸菌というとヨーグルトを連想する方が多いのですが、日本人がヨーグルトを食べ始めてから歴史も浅く、日本人にはヨーグルトに含まれる乳酸菌はあまり効果的でない場合があります。

当院では、「乳酸菌のマッチング検査」を実施し、その結果にもとづき1人ひとりに最適な菌を厳選して移植、または内服の提案をさせていただいております。

化学薬品や、副作用があるステロイドは
できるだけ使いません。

当院では人間本来の自然治癒力を大切にし、患者さまの身体に無理のない治療を行います。

一時的に症状を抑えるだけの化学薬品は出来るだけ使用せず、東洋医学を取り入れることで患者様の自然治癒力を高め、再発しない身体作りをしていきます。

個人に最適の自律神経バランスをしっかりとる方法をご指導いたします。

腸トラブル、特に潰瘍性大腸炎の患者様は、病院に行っても原因不明と言われ治らず、良くなったり悪くなったりを繰り返して、血便や下痢に悩み続ける方が非常に多いと感じています。

しかし当院でカウンセリングを受け、腸内のバランスを見れば、何がトラブルの原因かがはっきりすることがあります。 腸内フローラが原因であれば、さらに血液検査を行ってどの菌を移植または服用すれば症状の改善をめざせるかも判別するため、あなたに合った治療を行うことができるのです。 なかなか改善しない潰瘍性大腸炎に苦しんでいる方は、まずは当院で検査されることをおすすめします。あなたのそのつらい症状、諦めずに一緒に改善を目指しましょう。

腸トラブル、特に潰瘍性大腸炎の患者様は、病院に行っても原因不明と言われ治らず、良くなったり悪くなったりを繰り返して、血便や下痢に悩み続ける方が非常に多いと感じています。

しかし当院でカウンセリングを受け、腸内のバランスを見れば、何がトラブルの原因かがはっきりすることがあります。腸内フローラが原因であれば、さらに血液検査を行えば、どの菌を移植すれば症状が改善するかまでわかるので、あなたにとって本当に効果的な治療を行うことが出来ます。

なかなか改善しない潰瘍性大腸炎に苦しんでいる方は、まずは当院で検査されることをおすすめします。あなたのそのつらい症状、諦めずに一緒に改善を目指しましょう。

※フォームに必要事項と、「初回カウンセリング希望」と入力の上、お送りください。
お問合せもお気軽にお寄せください。

あなたの潰瘍性大腸炎の原因がどこにあるか、またどのような治療で効果が期待できるかは 一人ひとり異なりますので、当院ではまず様々な検査で根本原因を探ります。 治療の第一歩として腸関連遺伝子検査を行うとともに、あなたの潰瘍性大腸炎の傾向や 体全体の健康についても検査します。 検査を受けていただくための、初回カウンセリングにかかる費用は5,000(税別)です。 どうぞ、この機会に長年苦しんだ症状の原因を確認してください。

※より詳しい検査をご希望の方には、以下の検査を追加して行うことも可能です。

オプション検査

腸内フローラ検査 … 30,000円(税別)
あなたの腸内フローラがどんなバランスで構成されているのか、それぞれの菌の名称や役割、あなたの腸にどのような傾向が見えるかなどを調べます。結果は30ページ程度のレポートとなり、医師が食事・生活の指導を行うカウンセリングを含みます。

 

少量の毛髪を採取して、あなたが腸関連疾患になりやすい体質かどうかを検査します。
※こちらの検査結果は約1ヵ月後に再来院いただいてのご報告となります。

全身(口腔内を含む)と潰瘍性大腸炎の相互関係を総合的にチェックする、 当院オリジナルの総合健康ドックです。
※腸内の機能低下が免疫のバランスの乱れにつながります
※自律神経のバランスの乱れがあると、免疫の乱れにつながります
※口腔内の金属が金属アレルギーの原因となり、症状を引き起こしている場合があります

主な検査

・ 自律神経バランス検査・・・免疫の乱れにつながる自律神経の乱れを調べます
・ 全身のスキャニング検査・・・腸内を含む全身のどこに機能低下があるかを調べます
・ ガルバニック電流・・・お口の中の金属がどれだけ溶け出しているかを調べます

当院の特徴は、腸内環境を整え免疫のバランスを整えるための菌体を、検査を基に個々人に合わせて処方することができることです。 また、内科・歯科の2つの分野から診療させていただき、見過ごされがちな歯科治療が原因の症状についても、原因を探り治療を行うことができます。

昨今、自己免疫疾患の患者様が増加しています。症状を抑えるための様々な治療がありますが、長く辛い思いをされている方が多いのが現状です。日々の生活の質を少しでも良くしたいと考えている方は、まずは当院で検査をされることをおすすめします。あなたのつらいその症状、諦めず一緒に改善を目指しましょう。

※フォームに必要事項と、「初回カウンセリング希望」と入力の上、お送りください。
お問合せもお気軽にお寄せください。

潰瘍性大腸炎の知識がある医師が、あなたの症状・ご要望を丁寧にお伺いします。

お身体のことや診療のことなど、ご不明な点・ご不安な点は、本疾患に対しての治療に詳しい医師が対応させていただきます。



●和合健康ドック
・全身のスキャニング
・自律神経のバランス
・口腔内環境と全身との関係

-オプション検査-
腸内フローラ検査
(腸内フローラの詳細が分かります)

検査結果をお伝えします。
その後継続して治療をご希望の方にのみ、検査結果に基づいた治療計画を立てます。ご要望があればお伝えください。
費用事例
初診料 5,000(税別)
漢方薬or乳酸菌処方の場合 2万~3万円/1ヵ月 内服は1ヶ月から
※菌体服用でまれに便秘・下痢・皮膚症状がでる場合があります。

検査結果、治療計画を基に食事指導や生活指導、希望の方には乳酸菌服用や移植を行い、潰瘍性大腸炎の改善を目指します。

内科 消火器内科 担当医

高輪クリニックでは、潰瘍性大腸炎でお悩みの方などから月に100件以上のお問合せをいただいています。 これまで潰瘍性大腸炎の治療は、一定の効果が期待できるものではありましたが、治療に制限がある、長期間にわたる通院が必要、一時的に症状を抑えるのみ、何年治療しても効果がないケースがあるなどといった状況から、つらい症状を抱えたままの方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、潰瘍性大腸炎のメカニズムがわかるにつれ、最近では、腸内フローラを整える治療という道が開けてきました。 腸内フローラを整えるためには自分に合った菌をとることが重要ですが、ヨーグルトなど乳製品に含まれる菌は日本人に合わないことが多いということは、あまり知られていません。
また、腸内環境だけでなく遺伝子的背景、自律神経のバランス、すべてを考慮して原因をおさえることも大切です。潰瘍性大腸炎のそのつらい症状を根本原因から改善させるために、まずはご来院いただき検査をお受けください。
腸内フローラに詳しい医師が治療をさせていただきます。 あきらめず、お困りの症状を一緒に改善していきましょう。

埼玉医科大学 医学部 医学科 卒業

潰瘍性大腸炎は、時が経てば自然に治るものではありません。
しかし、長年苦しんだ症状でも、根本原因にアプローチして治療をすることにより、症状が改善することもあります。

原因不明の血便や下痢・腹痛、何をやっても改善しなかった潰瘍性大腸炎は腸内フローラの乱れが原因の可能性があります。少しでも心配なあなたは、それ以上重症化する前に、お気軽に当院の初回カウンセリングをお受けください。

※フォームに必要事項と、「初回カウンセリング希望」と入力の上、お送りください。
お問合せもお気軽にお寄せください。

医療法人社団 癒合会 高輪クリニック
〒108-0074 東京都港区高輪4-23-6 ハイホーム高輪201号
各線品川駅高輪口から徒歩5分
[診療・受付時間]10:00〜13:30 / 14:30〜18:00
[休診]なし [駐車場]あり(要予約)